2020.08.07

日本酒えり好み番外篇

村川絵梨の\ほろよい/台所酒場


今夜、台所で日本酒を飲みながらおつまみをつくりませんか?
日本酒好き女優の村川絵梨が、家飲み&巣ごもりライフがもっと豊かで楽しくなる、日本酒にぴったりの超簡単つまみにチャレンジします。 日本酒好きさん、ほろ酔いさん、ズボラさん、
料理ビギナーさん必見のおつまみ連載、始まります。


レシピを教えてくれるのは、日本酒が大好きな料理研究家、小平泰子さん。
旬食材や素材の持ち味を活かした家庭料理の名手は、ズボラつまみの発明家でも。
小平先生、身近な食材でぱぱっとできる日本酒つまみを教えてください!

 
  •  

    村川:
    前回はさっぱり涼やかな夏らしい小鉢でしたが、今日は何かな?

小平泰子(こひら・やすこ)/京都と東京日本橋で料理教室を主宰する人気料理研究家。
著書に『京都おかず歳時記』『季節の野菜と果物で簡単おつまみ』(ともに京阪神エルマガジン社)など。新刊『旬を楽しむおとなの献立12カ月』(京阪神エルマガジン社)が発売中。
好きな日本酒とつまみの組み合わせはぬる燗とぶりの刺し身。
お酒と酒場と銭湯をこよなく愛する、日々の暮らしの楽しみ上手。
https://www.instagram.com/yasukokohiragokan/

  • 小平:
    ズバリ、「ナスのビステッカ」です。「ビステッカ」とはイタリアのビーフステーキのことですが、今日はナスを香ばしく焼き上げる「ナス版ビステッカ」です。火が入ってトロトロになったナスのステーキ と、甘酸っぱくコクたっぷりのバルサミコ酢のマリアージュ を楽しんでください。日本酒とも意外と合うんですよ~。

  •  

    村川:
    バルサミコ酢、ちょうど気になっていました!(笑)。今日も台所酒場、始まります。

  •  

    村川:
    洋風に見えてきちんと和食。バルサミコ酢をかけると印象がガラリと変わりますね。

  • 小平:
    ナスと油は相性抜群の組み合わせ。ナスの身に油がスーッと入って、ナス自体の香りを引き立ててくれます。ポイントは、オリーブオイルを均一にナスになじませること。このひと手間で追加オイルいらずでカロリーも減らせます。あとは、余計な水分が出てしまうのでちんたら焼かないこと!

  •  

    村川:
    甘酸っぱいバルサミコ酢に、コクがあって甘みのある日本酒がとても合います。まろやかで香りのある今日と『澤屋まつもと』(松本酒造)や菩提酛仕込みで甘みのある奈良『鷹長』(油長酒造)など、古酒っぽいお酒が良かったです。おしゃれな酒場で飲んでいるイメージで、品良くワイングラスで飲みたいな。

  • 小平:
    ズッキーニを一緒に焼いても良いし、お肉も一緒に焼いたらもう最高。ナスのビステッカを熱々のまま、ポリ袋に入れたマリネ液(オリーブオイル、塩、酢、レモンを各適量)にドボンと漬ければ、「焼きナスのマリネ」の完成です。こちらも簡単でおいしいのでぜひお試しを。

(つづく)