2018.11.2

アスマート角打ちバー ~美味しいお酒と 美味しい話~

第1回「メキシコ・ライブで運命のテキーラ!」
KOHSHIさん(Vo.)✖スタウト

美味しいお酒を飲みながら、お酒にまつわる美味しい話を聴くアスマート・角打ちバー。
本日は、メジャーデビュー15周年を迎えたFLOWの皆さんにお越しいただきました。
FLOWはメンバー全員が楽しいドリンカーズ。大阪発クラフト・ビールの名ブルワリー箕面ビールから届いた定番ビールを飲んでいただき、お一人ずつお話を伺います。
第1回は、KOHSHIさんから…


アスマート編集部:
お越しいただきありがとうございます。

5人で:
こんにちは、よろしくお願いします。

アスマート編集部:
今日は、アスマートで取り扱いが始まった箕面ビールの定番シリーズ5種類をご用意しました。お一人一本ずつ、ラベルだけを見て直感で選んでいただけますか?


5人で:
おっ
うーん……


あ、じゃあコレ
ウン、
はい、じゃあ
…(スッ、スッと腕が伸びてあっという間に)

アスマート編集部:
もう決まりましたか?

5人で:
決まりました!
 

5人が選んだビールは…

アスマート編集部:
では早速、KOHSHIさんから飲んでみていただけますか。
KOHSHIさんが選ばれたのはスタウトですね。

  • KOHSHI:
    はい。

-KOHSHIさん 栓を抜いてグラスに注ぐ

  • KOHSHI:
    あ、あふれる〜
    おおっ黒い。
    では、いただきまーす!

    (ゴクゴク…)

    んー!濃いなあ
    めちゃくちゃ香りが強くて
    うん、美味しい。

  • GOT'S:
    あ、香りがこっちまで来る。匂いでだいたい味がわかりますよ。

- 一番離れたGOT’Sさんすごい

  • KOHSHI:
    何でしょうね…焦がし醤油みたいな火で炙ったような感じの
    香ばしさといったらいいかな。

アスマート編集部:
箕面ビールさんの解説によりますと、『スタウト』は「コーヒーやビターチョコレートを思わせるフレーバー、滑らかなやわらかさとドライな後味にこだわった、飲み飽きないスタウト。何杯でも飲みたい黒!を追求した、箕面ビールの自信作です。」とのことです。

  • KOHSHI:
    “まるでコーヒーやビターなチョコレートを思わせるフレーバー”ですね!
    ふだん僕はアメリカのライトなビールが好きだったりするので、個人的には黒ビールを飲むことはないのですが、何杯でも飲みたい黒です。コレは!

  • GOT'S:
    普通のビールと割ってもいいですよね。そうやってたまに飲んでいます。

アスマート編集部:
お好みの割合にできますね。

  • KOHSHI:
    混ぜたのも飲んでみたいですね。

アスマート編集部:
KOHSHIさんはどんなお酒がお好きですか?

  • KOHSHI:
    ビールも好きですが、テキーラが好きなんです。
    一杯目がビールで、次からテキーラ。
    昨日も朝7時くらいまで飲んでました。

アスマート編集部:
ええっ!お強いんですね。

  • KOHSHI:
    いやただのバカなんですけど(笑)
    テキーラはマエストロの資格を持っていて。

アスマート編集部:
ワインだとソムリエやエキスパートといった資格が知られていますけれど、テキーラ・マエストロはどうやったら取得できるのですか?

  • KOHSHI:
    日本テキーラ協会というのがあって、ワインほど難しい勉強はないのですが授業を受講して、テイスティングして、そのあと筆記試験があります。ただね、一日10本くらいテキーラをテイスティングしていると、後半は酔っ払ってきちゃって、ベロベロの状態で試験を始めるという(笑)受けに来ている人たちも、みんな陽気な人が多いですよ。

アスマート編集部:
テキーラとの出会いはいつ頃ですか?

  • KOHSHI:
    10年くらい前バンドの南米ツアーでメキシコに行った時に、現地のテキーラを飲んだらすごく美味しくて、衝撃的でした。それまでは「ウェ〜イッ!」って普通に飲んでいたのですが(笑)ちゃんと味わうようになったきっかけです。それで資格も取ろうかと。
    バンドをやっていなかったらメキシコには行ってなかったと思うし、そういう出会いや経験をさせてもらえたのはよかったですね。

アスマート編集部:
南米ツアーというと、お客様の雰囲気は違いますか?

  • KOHSHI:
    今年は、アルゼンチン、チリ、ブラジル、メキシコ、ペルーと行ったのですが、超パワフルです。声も大きいし、楽しんでる!というのを全身で表現しているので、もうサウンド・チェックの時からすごいですね。見なくても音だけでも伝わってくる。

アスマート編集部:
KOHSHIさんは作詞される時に、お酒は飲まれますか?

  • KOHSHI:
    書いている時は飲まないですね。
    でも作詞の面では、酒飲みの人をテーマに一曲書いていて、「Go! Go! Drinkers」っていうんですけれど、世界中の酒飲みに敬意を払って、テキーラで叫ぶという(笑)

Go! Go! Drinkers
FLOW 作詞作曲Kohshi Asakawa


We’re Fighting Drinkers オラ コメスタスタ アミーゴ
We’re Fighting Drinkers もっと高み目指して行こうぜ ベイベー
We’re Fighting Drinkers 君はイカしたセニョリータ
Crazyな夜と踊りましょう
Shot! Shot! Shot! Shot! Shot! Shot! テキーラ!

-KOHSHIさんのテキーラ愛&ドリンカーズへのリスペクトにあふれた名曲です!

アスマート編集部:
KOHSHIさんは酔うと変わったりされますか?

  • KOHSHI:
    豹変します(笑)失敗の方が多くて、いろいろなものを失くしますね。記憶もなくしますし、この前はメキシコでiPadを失くしました。

アスマート編集部:
かなり大きなものを!

  • KOHSHI:
    そうですね(笑)ほどほどにしないといけないな、って今は思います。


アスマート編集部:
メンバーの皆さんも酔うと変わられたりしますか?

  • KEIGO:
    この人すごく変わりますよ、IWASAKIはねぇ、メンバーを蹴るんですよ〜
    “被害者の会”ですから、私は(笑)

  • IWASAKI:
    それもう15年くらい前(メジャーデビューしてすぐ)の頃で、まだほんと若かったし…

  • KEIGO:
    若かったからって蹴っていいのか〜??

KOHSHI / GOT'S / TAKE
あはは(笑)

  • IWASAKI:

    いや、飲み方もめちゃくちゃだったからね、当時(汗)

  • KOHSHI:
    それでライブのチケット代を失くしたりとか

  • TAKE:
    初めて行った沖縄で、人の車乗っちゃうしね(笑)

  • KOHSHI:
    泡盛がそうさせちゃった(笑)

  • IWASAKI:

    勉強してます。勉強させてもらってます!!!

  • GOT'S:
    今変わったよね。

  • TAKE:
    確かに、確かに

  • KEIGO:
    ヘロヘロにならないもんね(笑)

アスマート編集部:
この件は後ほどまた詳しく伺いたいです(笑)


アスマート編集部:
ではここで、KOHSHIさんにとってお酒とはどういうものですか?

  • KOHSHI:
    “人と人を繋いでくれるツール”というのが俺の中でのお酒です。
    「初めまして」っていう言葉よりも、お酒を一緒に飲めば仲良くなれる。バンド同士もそうだし、メンバーやスタッフさん同士も。だからツアーでは間違いなく打ち上げをするし、そこで話せることもたくさんあって。だから俺の中でお酒は、すごく大事なポジションにありますね。

(第2回へ続きます…)

 

KOHSHI (Vo)さんのこと
十代でKOHSHIさんが弟のTAKEさんと始めた音楽活動が、バンド結成の原点です。ステージで魅せる高いジャンプは、ツインボーカルのKEIGOさんと同じ陸上部で高校時代に鍛えた脚力のなせる技。
イラストやデザイン、ファッションブランドも手掛けるKOHSHIさんの才能からも目が離せません。

FLOW プロフィール①   

KOHSHI(Vo)、KEIGO(Vo)、TAKE(Gt)、GOT’S(Ba)、IWASAKI(Dr)の5人組ミクスチャーロックバンド。2003 年にシングル「ブラスター」でメジャーデビュー。ツインボーカルが織り成すメロディの強さと幅広い音楽性、疾走感溢れるライブが魅力です。2019年1月30日(水)には10年ぶりの日本武道館単独公演が開催されます。

15th Anniversary Final「FLOW LIVE BEST 2019 in 日本武道館 ~神祭り~」
 [チケット一般発売日] 11月10日(土)10:00~
特設サイト ▶http://www.flow.mu/cam/2019budoukan/

FLOW Official Site ▶http://www.flow-official.jp/
箕面ビール MINOH BEER ①

1997年に大阪府箕面市に設立されたクラフト・ビールのブルワリー。五感を最大限に使い「目で見て香りを確かめ、自分たちの舌で確認する」ことを大切にしながら、お客様が「美味しい」と言ってくださる一瞬のために、日々研究し技術を磨いて試行錯誤を繰り返しています。


スタウト

“STOUT”とは“どっしりした” “強い”という意味。「箕面ビール」の「スタウト」はクリーミィで滑らかなノドごしに、コーヒーやビターチョコレートを思わせるフレーバー、後味はドライだから何杯も飲みたくなる黒。世界でNo.1にも輝いた箕面ビールの代表作です。アルコール度数:5.5% 

World Beer Awards 世界金賞受賞2009,2014年
International Brewing Awards 銅賞受賞2013年
World Beer Cup 世界金賞受賞2016年

アスマートでは、世界中のお酒から厳選したとびきりの逸品をご紹介していきます。

*お酒は20歳から。
未成年者への酒類の販売は固くお断りしています。