2020.08.11

日本酒えり好み番外篇

村川絵梨の\ほろよい/台所酒場

今夜、台所で日本酒を飲みながらおつまみをつくりませんか?
日本酒好き女優の村川絵梨が、家飲み&巣ごもりライフがもっと豊かで楽しくなる、日本酒にぴったりの超簡単つまみにチャレンジします。 日本酒好きさん、ほろ酔いさん、ズボラさん、
料理ビギナーさん必見のおつまみ連載、始まります。


レシピを教えてくれるのは、日本酒が大好きな料理研究家、小平泰子さん。
旬食材や素材の持ち味を活かした家庭料理の名手は、ズボラつまみの発明家でも。
小平先生、身近な食材でぱぱっとできる日本酒つまみを教えてください!

 
  •  

    村川:
    旬のナスを使ったおつまみレシピ、3皿目は何でしょう?

小平泰子(こひら・やすこ)/京都と東京日本橋で料理教室を主宰する人気料理研究家。
著書に『京都おかず歳時記』『季節の野菜と果物で簡単おつまみ』(ともに京阪神エルマガジン社)など。新刊『旬を楽しむおとなの献立12カ月』(京阪神エルマガジン社)が発売中。
好きな日本酒とつまみの組み合わせはぬる燗とぶりの刺し身。
お酒と酒場と銭湯をこよなく愛する、日々の暮らしの楽しみ上手。
https://www.instagram.com/yasukokohiragokan/

  • 小平:
    ナスの旨み、味噌の塩気と生姜の香りが一体となった、のんべえさん大喜び間違いなしの1品ですよ。

  •  

    村川:
    味噌を使ったおつまみといえば味噌田楽が思い浮かぶけれど、ナスと味噌がどう変身するのか楽しみです。

  •  

    村川:
    ナスの香ばしさとみずみずしさ、特製味噌の甘さが良いですね。
    さっぱりしているからパクパク食べられちゃいます。“ムラムラ”蒸すことで、ナスの個性が引き出されるんですね。

  • 小平:
    そう、最低限の水で蒸らしながら火を入れるから「ムラムラ」(笑)。
    ごく少量の水をフライパンの熱気でじっくり蒸します。
    ポイントは水を入れすぎないこと。
    ナス自体から水分が出るよう、気長に火を入れていきます。
    ナスの様子を見ながら特製味噌を舐め舐めお酒を飲んで、焦らず気長に蒸らしてくださいね。

  •  

    村川:
    私は先日伺った石川の「福光屋」の辛さと華やかさのある純米酒と一緒に楽しみましたが、これはどんなお酒にも寄り添ってくれる万能選手ですね。味噌の良さを再確認しました。

  • 小平:
    両面に塩をふった鶏胸肉も一緒にムラムラすると、鶏肉の旨みをまとってさらに美味しいんです。
    特製味噌は冷蔵で10日ほどもつので多めに作っておくと何かと心強いですよ。

(つづく)

村川絵梨(むらかわ・えり)/女優
1987年大阪府生まれ。2005年NHK朝の連続ドラマ小説『風のハルカ』でヒロインに抜擢。『ROOKIES』『東京タラレバ娘』『アフロ田中』『中学聖日記』、2016年主演映画「花芯」、今年の2〜3月に上演された「劇団た組。」の舞台『誰にも知られず死ぬ朝』では主役を務めるなど、ドラマ、映画、舞台と幅広いジャンルで活躍。2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」に、主人公・渋沢栄一(吉沢亮)の姉・なか役で出演する。趣味は日本酒とひとり旅。無類の貝好き。


*新型コロナウイルス感染症対策にともない、
小平先生のレシピをもとに編集部が最小人数で調理・撮影を行いました。


写真/川原﨑宣喜 石川奈都子(小平先生プロフィール写真)
構成・文/森本亮子

  • facebook
  • twitter
  • A!SMART