2020.06.19

日本酒えり好み番外篇

村川絵梨の\ほろよい/台所酒場


今夜、台所で日本酒を飲みながらおつまみをつくりませんか?
日本酒好き女優の村川絵梨が、家飲み&巣ごもりライフがもっと豊かで楽しくなる、日本酒にぴったりの超簡単つまみにチャレンジします。 日本酒好きさん、ほろ酔いさん、ズボラさん、
料理ビギナーさん必見のおつまみ連載、始まります。


レシピを教えてくれるのは、日本酒が大好きな料理研究家、小平泰子さん。
旬食材や素材の持ち味を活かした家庭料理の名手は、ズボラつまみの発明家でも。
小平先生、身近な食材でぱぱっとできる日本酒つまみを教えてください!

 
  •  

    村川:
    空豆3品目、今日も簡単だと良いな。

小平泰子(こひら・やすこ)/京都と東京日本橋で料理教室を主宰する人気料理研究家。
著書に『京都おかず歳時記』『季節の野菜と果物で簡単おつまみ』(ともに京阪神エルマガジン社)など。新刊『旬を楽しむおとなの献立12カ月』(京阪神エルマガジン社)が発売中。
好きな日本酒とつまみの組み合わせはぬる燗とぶりの刺し身。
お酒と酒場と銭湯をこよなく愛する、日々の暮らしの楽しみ上手。
https://www.instagram.com/yasukokohiragokan/

  • 小平:
    はい、簡単ですよ〜。ズバリ、「茹でて干す」だけ!
    空豆は中国調味料・豆板醤(トウバンジャン)の元になるぐらいですから、旨みが濃い。そんな空豆の魅力を自然がぐっと凝縮してくれるんです。

  •  

    村川:
    そういえば子供の頃からイカリ豆(干し空豆)、好きだったな。ほろよい台所酒場、今日も始まります。

  •  

    村川:
    味が凝縮されて食感も少しクニュっとした感じに変わって、新感覚です。

  • 小平:
    太陽と風が美味しく調理してくれるんです。カビやすいので薄皮はかならず剥いてくださいね。

  •  

    村川:
    いろんなお塩と合わせてチビチビ食べられて、日本酒のお供として最高ですね。
    だし塩、ハーブ塩、トリュフ塩で食べ比べてみましたが、シンプルなだし塩が1番好み。
    生原酒系のフレッシュかつ濃厚感のある日本酒と相性がよかったです。

  • 小平:
    カレー塩もよいですし、カラスミを合わせてもよろしいかと。あとは、油を引いたフライパンに小さじ2のクミンを入れて香りを立ててから空豆を炒めても、香ばしくて美味しいですよ〜。

    日当たりが良くない場合は、扇風機(小さくてOK)を2時間半〜3時間当てても良いでしょう。たまにざるを回して風の当たる位置を変えてあげるとなお良し。これ、料理屋さんでカラスミをつくるときにやる裏技なんです。「ふにゃふにゃ」も「カスカス」も「コリコリ」もドライ空豆の魅力なので、お好みの乾き加減を見つけてくださいね。

(つづく)

  • 村川絵梨(むらかわ・えり)/女優
    1987年大阪府生まれ。2005年NHK朝の連続ドラマ小説『風のハルカ』でヒロインに抜擢。主な出演作にドラマ『ROOKIES』『アフロ田中』『中学聖日記』、2016年主演映画『花芯』、今年2月~3月上演舞台 劇団た組「誰にも知られず死ぬ朝」では主役を務めるなど、ドラマ、映画、舞台と幅広いジャンルで活躍。 6/16(火)関西テレビ系にてスタートの連続ドラマ「探偵・由利麟太郎」の第3話(6/30(火))にゲスト出演。 趣味は日本酒とひとり旅。無類の貝好き。


*新型コロナウイルス感染症対策にともない、
小平先生のレシピをもとに編集部が最小人数で調理・撮影を行いました。


写真/川原﨑宣喜 石川奈都子(小平先生プロフィール写真)
構成・文/森本亮子

  • facebook
  • twitter
  • A!SMART