• HOME
  • 三浦春馬×板谷由夏の〝こだわり〟対談
  • Part3「日常生活の〝こだわり〟」
2019.4.10

~感動オリーブオイルpresents~
三浦春馬×板谷由夏の〝こだわり〟対談

Part3「日常生活の〝こだわり〟」

ミュージシャンや役者を見出すように、良質なエキストラバージン・オリーブオイルの生産者を発掘し、みなさんにお届けするアミューズの『感動オリーブオイル』
「生産者がこだわりぬいた、本物の味を知ってほしい」というアミューズの思いに共鳴し、普段から『感動オリーブオイル』を愛用中の三浦春馬さんと板谷由夏さん。
今回、新ブランドビジュアルに起用されたお2人の特別対談が実現!仕事やプライベートでの〝こだわり〟について、3回にわたって語っていただきました。

Part3のテーマは「日常生活の〝こだわり〟」
忙しい日々の中でも、それぞれ楽しみを見つけてプライベートを楽しむ様子が伝わってきました。

「ご褒美」があるから頑張れる(三浦)

――お2人は、ふだんの生活のなかで楽しみやこだわりみたいなものはありますか?

板谷:
朝ごはんは家族みんなで一緒にテーブルを囲むとか、全員がご飯を食べ終わるまで席を立たないとか、そういう小さな決め事みたいなものはあります。

三浦:
僕は、自分の中でルールみたいなものを決めてるんですよ。たとえば、今回のドラマが終わったら、自分にご褒美として、狙っていた家具を買うとか。

板谷:
え、必ずご褒美?

三浦:
はい、ご褒美(笑)。

板谷:
いいね! 最近は何を買ったの?

三浦:
照明です。あと1日撮影が残っていたんですけど、買っちゃいました。

板谷:
いいの?(笑)

三浦:
前々から目をつけていたんですけど、到着まで時間がかかるって聞いて、思わず。

――もしかしてそれは、「A!SMART JOUNEY」2018秋冬号のリレーエッセイで、触れてらっしゃった照明器具ですか?

三浦:
そうです(笑)。真っ白な部屋なので、淡いゴールドの光が優しく反射してすごくいいんですよ。
いつも、あれを買うために頑張ろうって、モチベーションの一つになっていますね。
友だちに聞いたんですけど、ご褒美を設定しておくと、モチベーションが継続するから、脳科学的にいいらしいんです。どんなに小さなご褒美でもいいらしいですよ。

板谷:
男の子ってそういうところがあるのかな? ただ、うちの息子たちの場合、同じご褒美を欲しがるのでも、長男と次男で全然違う。長男はやることをやってからご褒美ちょうだいって感じだけど、次男は先にご褒美がないと頑張れない(笑)。

家族の食事には必ず旬を取り入れます(板谷)

――「食」に関してはいかがですか?

板谷:
食事を作る側の立場なので、ちゃんと旬のものを取り入れるとか、冬は身体を冷やすものを食べないとか、そういうこともこだわりといえばこだわりですね。
調味料にもこだわっていて、塩は3、4種類揃え、料理に合わせて使い分けています。


――忙しい中でも、日常を大切にしていらっしゃるんですね。

板谷:
家族も自分も健康で、楽しくハッピーに過ごすにはどうすべきかって考えると、もう日々の暮らしをちゃんとするしかないんです。日常生活のベースは、やっぱりちゃんとしたいっていうところがあります。周りに食いしん坊が多いので、醤油やらオリーブオイルやら、お互い使ってみて良かったものを教え合ったりして、いつも情報交換しているんですよ。

三浦:
僕はごくたまにそうめんを茹でるとか、そのくらいしか料理はしないんですけど。
ただ、この前、生胡椒をいただいて。潰してパスタに混ぜてみたら、フレッシュですごくおいしかった。すっかりお気に入りになりました。

板谷:
実山椒みたいな感じかな?

三浦:
そうです、近い感じです。潰さない丸ごとのやつも混ぜておくと、ときどきガツンと刺激があっていいんですよ。

『感動オリーブオイル』はお鍋にも合います(板谷)

――本日、撮影の合い間に『感動オリーブオイル』を使った料理を召し上がったと思うんですけど、いかがでしたか?

板谷:
私は牡蠣のオイル漬けが美味しかった! これは自分でも絶対作ってみたいですね。『感動オリーブオイル』の豊かな風味がダイレクトに伝わってきました。古代小麦のクスクスにも『感動オリーブオイル』は合いますね。

三浦:
驚きだったのが、大豆ミート入りのチリコンカン。『感動オリーブオイル』が入っていることで、すごく滑らかでみずみずしかったんですよ。『感動オリーブオイル』はシンプルなパスタに使っても美味しいですよね。僕はそうめんの麺つゆに必ず『感動オリーブオイル』を入れています。

板谷:
普段、あらゆる料理にオリーブオイルを使っていることもあり、それなりにこだわったものを選んできたつもりでしたが、『感動オリーブオイル』を使ってみてこんなおいしいものがあったのか、と驚かされました。

三浦:
あらゆる料理って、どんな感じで使っているんですか?

板谷:
炒め物にも、サラダにも、とにかく全部(笑)。子どもたちも大好きなので、「オリーブオイルかける?」って聞くと、必ず「かける!」と即答です。お鍋に入れても美味しいんです。

三浦:
うわっ、絶対美味しいですよね。

板谷:
鶏のつみれ鍋がいいかも。自分の器に取り分けた時に、ゆずを絞って『感動オリーブオイル』をたらり。お出汁にコクと奥行きが出るんです。

三浦:
それ今度、僕も作りたい。いや、作ります(笑)。

**********************
仕事やプライベートの〝こだわり〟、そして『感動オリーブオイル』の魅力を語り尽くした対談を終え、「意外な話ができて楽しかった!」「『感動オリーブオイル』は本当に香りがよくて美味しいよね」と感想を述べ合っていたお2人でした!
2人が生産者の“こだわり”に感動し、愛用している『感動オリーブオイル』、ぜひお試しください!


料理協力:SEE THE SUN seethesun.jp

  • facebook
  • twitter
  • A!SMART