• HOME
  • 三浦春馬×板谷由夏の〝こだわり〟対談
  • Part2「〝自分〟と〝役〟との距離感」
2019.4.3

~感動オリーブオイルpresents~
三浦春馬×板谷由夏の〝こだわり〟対談

Part2「〝自分〟と〝役〟との距離感」

ミュージシャンや役者を見出すように、良質なエキストラバージン・オリーブオイルの生産者を発掘し、みなさんにお届けするアミューズの『感動オリーブオイル』
「生産者がこだわりぬいた、本物の味を知ってほしい」というアミューズの思いに共鳴し、普段から『感動オリーブオイル』を愛用中の三浦春馬さんと板谷由夏さん。
今回、新ブランドビジュアルに起用されたお2人の特別対談が実現!仕事やプライベートでの〝こだわり〟について、3回にわたって語っていただきました。

Part2のテーマは「〝自分〟と〝役〟との距離感」。
果たして、お2人はどんなアプローチで役を演じるのでしょうか?

役者は「妄想」ばかりしている変わった仕事(板谷)


――ドラマの撮影や舞台の稽古に入ると、「自分」より「役」のほうに性格や言動が引っ張られたりするんでしょうか?

三浦:
どうなんでしょうね。自分ではよくわからない……。

板谷:
その役のことばっかり考えているのは確かですね。

三浦:
ただ、性格が変わったりするほど、役に影響されることはないかな。

板谷:
他の役者さんに、そういうことを聞いたことがないから、知りたいかも(笑)。
話を聞いていて、すごく新鮮です。人の芝居のアプローチの仕方とか、聞いたことないよね?

三浦:
確かに、あんまり聞かないですよね。

板谷:
役者って、本当におかしな仕事だと思うときがあるんですよ。
「この役だったら、こういうときにはこういう顔で笑うかな?」みたいなことばっかりを考えていて。

三浦:
それって、妄想に近い。どんな感じなのかなって、妄想していくというか。
もちろん、職業から入っていくときもありますけど。
バーテンダーの役(WOWOW『連続ドラマW 東野圭吾「ダイイング・アイ」』2019年3月放送予定)のときは、実際のバーテンダーの方に監修をしていただいて練習をしたんです。
でも、それだけでなく、本当に作れるようになろうと自分でもいろいろ練習して。
ただ、そういう部分がどこまで役に生きるかわからないし。

板谷:
そうだよね、それが本当に役作りかといわれるとよくわからない(笑)。

三浦:
アプローチは役者さんによって違うと思うんですけど、僕自身は「役になり切れているかな?」みたいなことはまったく思わないです。だって、気持ち悪くないですか?(笑) 

板谷:
それこそ殺人犯の役だったら、妄想するしかないからね(笑)。

「この感情、あとで使える」と思うのは職業病(三浦)

――役作りしていくうえで、自分と役と似ているところや違うところを探したりもしますか?

三浦:
「自分もこういう体験をしたな」「似たような状況で悲しんだな」とか、役と自分の経験や感情が重なるところを、引っ張りあげてみるっていうことはあるんじゃないかな。

板谷:
あります、あります。「この感情って、あのときのあれかな?」っていうのもあるし、もっと言えば、自分が怒りを感じているとき「あ、この感情使おう」って思ったりするときもある。

三浦:
それはもう職業病です(笑)。すっごくよくわかります。

板谷:
「この感じ、覚えとかなきゃ!」って思うことってたくさんあるから。常に、自分を俯瞰で見ている、もう一人の自分がいる感じ。子どもを叱りながらも、「あ、私ってこんな叱り方するんだ」とか。

三浦:
同時進行でいろいろ考えられてうらやましいです(笑)。
僕は、冷蔵庫の中を見て「チーズがある。ワインがある。あ、ワイン飲もう」って、目に入ったものに気を奪われてしまう。
でも、板谷さんみたいな方って、冷蔵庫を開けたら「ワインか。これとこれでワインに合う料理が作れるな」って同時にいろいろ考えられると思うんです。そのほうが、感情の引き出しが増えますよね。

板谷:
面白いですね、ひとつのことしか考えられないタイプ? うちの息子たちみたい(笑)。

**********************
〝俳優あるある〟で意気投合したお2人の話題は、だんだんプライベートへと移っていきます。
次回のPart3「日常生活の〝こだわり〟」では、三浦さん、板谷さんがそれぞれハマっているものが明らかに!?

  • facebook
  • twitter
  • A!SMART